« 台風・・・。急遽イベント出演します! | メイン | 復興支援募金の使い道 »

MAIN

08月09日
復興ってなんだろう?

110806EVENT1.jpg

台風によって奄美大島でのライブが中止になり、
急遽飛び入りで参加させてもらえることになったイベント、
「東日本復興支援トーク&ライブ~私達の復興~」

町田市民ホールには、家族連れや年配の方など、
震災に興味をもってくださっているお客さんが目立ちました。

「私達の復興」ということで、
東日本大震災で被災した方たちや地域のために、
さまざまな活動をしている方達が集い、トークセッションをしました。

司会進行の滝沢守男さん、
現地に物資を届けたり、炊き出しに行っている大木ハカセさん、
プレハブではなく、地元の木材を使って仮設住宅を立てている
「more trees」の水谷伸吉さん、
今もなお、被災地へ物資を届けたり、避難所を回り歌を届け続けている坂本サトル氏。
そして、災害ボランティアで泥だしの作業をしていた私。
それぞれの活動を通して、それぞれの目線での話しを、
お客さんにもきいてもらいました。

先日、長野県栄村で仮設住宅に暮らす方のお部屋にお邪魔したんですが、
とにかく中は暑い!
長屋になっているため、隣の家の話し声も聞こえるし、
子供達が走り回れば、がたがたと家が揺れるので、
いろんなことに気をつかうとおっしゃっていました。
水谷さんたちが作っている木材の仮設住宅は、各家が独立しているため、
通常の仮設住宅よりも、音の心配もないし、
木でできているので、夏は涼しく、冬の結露の心配もほとんどないそう。
全ての仮設住宅が、こうなったらいいのに。

今回また、いろんな支援の形があることも知ったし、
改めて、いろいろな角度から、震災のことを考える機会をもらいました。

110806EVENT2.jpg

私も災害ボランティアとして現地での作業体験を、
写真を交えながら伝えさせてもらいました。
震災について考える機会も、薄れてきている中で、
少しでも関心をもってもらえたら、うれしいです。

イベント終了後に、テント生活では、おトイレはどうされてたんですか?
という、女性ならではの質問がありました。
私が活動していた宮城県亘理町では、
ボランティアセンターの外にある仮設トイレや、
テントを張っていた公園の公衆トイレを利用していました。
タイプにもよりますが、少しの水で流せる仮設トイレは意外ときれいだし、
臭いもほとんどありません。
暑さに耐えるくらいで、慣れてしまえば問題ないです。
また、作業中は、
作業に行くお家のトイレをお借りしたり、破損していて使用できない場合は、
休憩のタイミングで、近くのコンビニやガソリンスタンドで、
トイレを借りていました。

ボランティアに行こう!と思っている方の、参考になればと思います。


724mailmaga2011.jpg

b_hananari_s.jpg b_sakura_s.jpg request_link.jpg