« 私は今・・・。 | メイン | さかもっちゃんと、亘理町はらこめしツアー »

MAIN

10月02日
石野田奈津代コンサート「つ・な・が・る」

9月25日(日)石野田奈津代コンサート「つ・な・が・る」

 

 

 
(写真をクリックすると、大きくなります)

私のあこがれの地、赤坂BLITZ。
デビューしてまる12年。
人のライブを見に行くたび、
キラキラ照らし出す大きなミラーボールがたまらなくかっこよくて、
いつかここで、コンサートをしたい!と思っていた場所。

会場には、たくさんのお客さん。
いつもよりも、お客さんや、サポートメンバー、スタッフに、
包まれている、守られているというような、不思議な感覚だった。
震災から半年が経って、私の感覚も少し変わったのかも知れない。
あたりまえだなんて、思ったことはなかったけど、
歌を届けられることの喜びや、会いに来てくれるお客さんがいることが、
とても愛おしかったんだ。
一曲、一曲、目の前にいるお客さんや、今まで出会った人のこと、
被災地で出会った人のことを、想いながら歌っていたら、
なんだかとても穏やかな気持ちになったんだ。
こうして、誰かを想うことで、人と人はつながることができるんだなって感じた。

ピアノの杉浦琢雄さん、パーカッションのnotchさん、
1stバイオリンの雨宮麻未子ちゃん、
2ndバイオリンの三國茉莉ちゃん、
ビオラの高木真悠子ちゃん、
チェロの関口将史くん。
みんながひとつになって、いいものを届けるぞ!って演奏しているのがわかって、
私は、パワー100倍な感じで、前を向いていられた。

「オリオン」の曲の時に、会場中を照らした、あこがれのミラーボール。
客席からじゃなく、たくさんのお客さん越しにステージから見る輝きは、
今までで一番きれいだった。
と同時に、もっとがんばるぞ!
もっと多くの人の心に残るシンガーソングライターになるぞ!と、力が入った。

「足りないものがあるんなら それは強く願うこと」

オリオンの歌詞の中に出てくる、私の想い。
強く願うということは、こうなりたい、こうしたいという想いが強いということ。
想いが強ければ、どんなことにもめげずに突き進んでいけるし、
自然と行動を起こしたり、ダメな自分を見つめたり、
進化していける、私はそう思うんです。
そういう気持ちを忘れたくないと思いました。

アンコール、お客さんの近くに行きたくて、客席へ。
一番新しい私を見てほしくて、前日の夜に作った新曲を歌ったけど、
歩きまわりながら、歌っていたら、
途中で歌詞を忘れてしまったり・・・お客さんの足を踏んでしまったり!
ハプニングだらけの、私の人生みたいな、即興ソングみたいになってしまった。
声が枯れてきてしまっていて、あんまり聞こえなかった方もいたかもだけど、
私はものすごく近くで、驚いたり、泣いたり、
にこにこしたりしているお客さんが見えて、すごくあったかい気持ちになったんだ。
みんなのいい顔が、よく見えたよ。

みんながひとつになって、生まれた音たち。
みんなのチカラがあわさって、できたコンサート。
尊敬するスタッフのみんなに支えられながら、
お客さんがいるから、届けたい歌がある。

私は、もったいないくらい、素敵な人たちにかこまれているんだな、
そう思ったよ。
ありがとう、会いにきてくれて。

1. 60億分の1
2. きみのみかた
3. はななり
4. 春空-ハルソラ-
5. 君のうた
6. 神津節
7. みんなでつながる“うた”プロジェクト曲
8. てるてる坊主
9. 四ッ谷の歌
10. 愛はムズカシイネ
11. ねぇ
12. ソーダ水
13. ループ
14. 深海
15. タイムリミット
16. 1等星
17. オリオン
アンコール.グッドナイト
アンコール. 海

今回、現地へ災害ボランティアや歌を届けに行くことを通じて、
家族と支えあいながら暮らしている人たちと出会い、
家族の歌をみんなで作りたいと思い企画した、
【みんなでつながる“うた”プロジェクト】
みんなから、事前に送っていただいた“家族への想い”のメッセージを基に、
私が代表で作詞した歌のイメージを発表しましたが、
みんなと完成させたかったから、1曲として完成させず、
会場に来てくれたみんなにも、“家族への想い”をアンケートに綴ってもらいました。
アンケートに書かれた、それぞれの家族への想い。
その想いと、事前に送っていただいたメッセージを基に、
1曲の歌として完成させたいと思っています。

被災地復興応援募金で、
皆さんからご協力いただいた募金の合計金額は、
248807円でした。
お金を数えながら、みんなのあたたかい想いがいっぱい伝わってきました。
ありがとう。
震災当初から比べると、現地で必要なものや生活も変化してきています。
必要な物資はあるけど、コミュニケーションが取れないとか、
みんなで集まる機会がないとか、何もできない時間を過ごしている方もいます。
今後は、被災した人達に楽しんでもらう場や、
人と人がふれあうことができる機会を作ることが必要だと考えています。
このお金は、被災地へ音楽を届けたり、イベントを開催するために必要なことなどに、
使わせていただきます。
責任を持って、随時、ブログにて報告してきます。

今回、たくさんお客さんに来てもらったけど、
2階まではいっぱいに出来ませんでした。次回は、2階席も満員にする!
日々の練習や努力、準備や感じる心磨くこと、ひとつひとつのライブが、
自分を成長させたり、もっといいものを見せられることにつながっていくと思うので、
今回の赤坂BLITZを機に、自分をあまやかさないで、もっと精進します。
ひとつひとつの出会いを大事にしながら、常に進化した私で、また会いたい。
そんな私になるぞ!
また、会おうね!


724mailmaga2011.jpg

b_hananari_s.jpg b_sakura_s.jpg request_link.jpg