« 近況&ライブのお知らせ♪ | メイン | 日本縦断、世界は70億人。 »

MAIN

10月25日
先生、南の島へ行く

子供達と歌作り。

今年3校目は、奄美大島にある宇検村立名柄小中学校。
奄美大島は、鹿児島県の南にある大きな島。
沖縄よりも少しだけ北に位置します。
奄美大島の南部にある、宇検村は、
私の故郷・神津島とほぼ同じ人口2000人ほどの村。
入り江になった湾が長く続き、いくつかの集落があります。
南の島と聞くと平地なイメージがあるかも知れませんが、
ここは、深い森と山がつらなった手つかずの大自然が残る場所。
その集落の一つにある、名柄小中学校は、全校生徒合わせて10人の小さな学校。
学校の目の前は海!

111011nagara_kousha.jpg

グラウンドから海が見えるって、なんかすがすがしい!うらやましい!
でも、野球とかしたら、海ぽちゃに悩まされそう。

学校の校庭には、畑も!
みんなで野菜を育てて、収穫し、給食でいただいているんだそう!
自分たちで育てた野菜は、すごくおいしいだろうなぁ♪

学校に入って、すぐ気になったのが・・・

111011toirenokamesama.jpg

「トイレのかめさま」!?
「トイレの神様」に便乗した本まで出たのか〜!!
すごいなぁと思って最後のページを見たら、
2003年に初版・・・おわっ!こっちの方が先だった!

生徒達の第一印象は、ちょっと緊張していて、おとなしかったけど、
以前、宇検村の久志小中学校の生徒と作った「I LOVE 宇検村」を歌うと、
みんな、目をきらきらさせて聴いてくれました。
中には口ずさんでいる子も。
実は、この「I LOVE 宇検村」他の学校の生徒達も、保育園の子供達から、
おばあちゃん、おじいちゃんたちまで歌える程、親しまれている歌なんです。
なので、私、宇検村では、意外と人気者なんです。
「今度は、みんなで歌を作るよ!」と、名柄ならではの良さや、
みんなが感じていることをいろいろあげてもらいました。

111011nagara_jigyou.jpg

みんなからでた意見で、一番多かったのは、校庭にかかる大きな虹の話。
このあたりではよくスコールのような雨が降るらしく、虹がよく出るそうなんですが、
遠くじゃなくて、すぐ近くに架かる、大きな虹は迫力があるそう。見てみたい!
男子はみんな釣りに行っていたり、すもうの話ししかしない子もいたり、
すでに名柄ならではの意見だなと思いました。
今回は1人風邪で欠席していた生徒がいたのですが、
その子の想いも電話インタビューで、しっかり参加してもらいました。
普段、生活していて、当たり前にそこにあるものや、地域のことを考える機会って、
あまりないと思うので、これを機にここにしかないものの良さを、
発見してもらえていたらいいな。

みんなと一緒に食べた給食!
みんなが育てた芋が、大学イモに姿を変え、給食にも出た!おいしい!
お昼休みにみんなで卓球をしたり、音楽室で三線を披露してもらったり、
中学生がお兄ちゃんお姉ちゃん代わりになって、小学生たちと上手につきあっていて、
みんなが兄妹に見えました。少人数の学校のいいところ。

その日、みんなの想いを一つに、みんなが出してくれた歌詞をそのまま使ったり、
私なりに解釈して表現したりして歌詞をまとめ、
曲を付けて、翌日には歌が完成!

虹をテーマに、色が出て来る歌詞に仕上げたり、
校訓の「大きな夢を」をとり入れたり、
密かに名柄という地名をふくんだ「~ながら」が出て来るんです♪
これには、みんな「おお~!」と歓声をあげて喜んでいました。

歌を発表して、みんなで練習した時は、
生徒達は2回目くらいですでに大きな声で、しっかり歌えていました。
第一印象とは全然違う!やっぱり自分たちの思いがつまっているからなのか、
みんなの堂々とした姿には、ぐっときました。
自分たちの想いが形になり、中には感動して泣いている生徒もいました。
涙を流してくれる程、喜んでくれるなんて、
歌を作っていてこんなうれしいことはありません。
タイトルも、みんなで決めました。
名柄にしかない、新しい歌。
これから、みんなで歌い継いでいってほしいです。

111011nagara.jpg


そして、今年4校目は、宇検村立阿室小中学校。
名柄小中学校の、さらに奥に行った入り江の出口付近にある学校。
目の前には、透き通るエメラルドの海!
海から吹く風が気持ちいい教室。
校庭にはヤッチャガ木とよばれる、ガジュマルの木。

111013amurokoutei.jpg

全校生徒は21名。
最近生徒の数が倍以上に増えて、サッカーもできるようになったそう。
そっか、人数が少ないとなかなかできない遊びもあるんだよね。

校庭には、なにやら田んぼの様なものが・・・。
なんと、全校生徒で田植えから稲刈りまでをして、
みんなでお餅にして食べるんだそう!
もちもちしてて、おいしいんだよ~!と生徒が教えてくれました。
いいなぁ~♪

他にも変わっているのが、なんとプールがない!!
名柄小中学校にもプールはなかったけど、授業の時は、
遠く離れた集落にあるプールまで、行っているそう。
だけど、阿室小中学校では、プール代わりに海に行っているっ!
海で水泳の授業かぁ!
魚を追いかけて泳いだら、記録とか伸びそうだよね!
私の故郷・神津島にはプールがあったから、
水泳の授業はプールでしてたけど、
毎年9月になると、海で1000m泳ぐ、遠泳大会というのをやってたなぁ。
9月は、クラゲがたくさん出てくるので、毎回ちくちくで痛かった!
だけど!みんなが泳いでいるプール代わりの大海原にて、
私も、今年初泳ぎ!気持ちよかったーーー!
やっぱり、1年に1回は海で泳がないと、調子出ない!
10月だけど、クラゲもいなかったし、全然泳げたよ!

111013yadon_oyogi.jpg

阿室の生徒たちは、元気いっぱい!
初対面から、いきなり「I LOVE 宇検村」を歌って聞かせてくれました!
すごい!みんな歌えるんだね!

こちらも、歌作りのテーマが、「阿室ならではの歌」ということで、
阿室ならではの自慢、いいところを、教えてもらいました。
前回の名柄小中学校も久志小中学校も、地域がほぼ一緒のため、
同じような歌詞が出てくるんじゃないかと心配したんですが、
地域が少し違ったり、子供達が違うとやはり、違う想いや景色が出て来るんですね。
同じ海でも、表現が違ったり、同じ夕日でも、海に映る太陽を見ている生徒もいれば、
夕焼け空を見ている生徒、さまざまでした。
一番驚いたのは「ハブが森を守ってくれる」という生徒の意見。
ハブは、毒を持っていて、みんなが恐れているものだけど、
だから、ハブを恐れて人は森に入らない=森が守られる。
その考え方、感性に感動しました。

111013kokuban.jpg

そしてみんなが出してくれた想いや言葉たちを持ち帰り、
夜なべして、完成したみんなの歌。
今回は、曲調や曲のテンポなど、曲作りの前にみんなにリクエストを受け付けたら、
初めてのオーダーがでました。
「明るくて、ノリノリの歌!」
ということで、生徒たちとの歌作りで初のノリノリの歌を作りました。

「寒いギャグを言う先生も」と
「かわいい後輩 かわいい先輩 面白い友達」は、みんなと一緒に考えた詞。
先生達は、ちょっと「え~!それが歌詞になっちゃうの!?」という雰囲気でしたが、
子供達の素直な感想、素直な目線が入った歌になりました。
歌詞に出て来る「どうか どうか」は、
「どうか、お願いします!」の「どうか」ではなく、
奄美大島の方言なんです。意味は、「ありがとう」。これも生徒から出て来た言葉。
奄美に伝わる独特の太鼓『チヂン』は、村に伝わるお祭りなどで使われるそうなんですが、
この『チヂン』をたたくパートも作り、さらに阿室ならではの歌が完成!

111013chidin.jpg

歌もすぐに覚えて、みんな元気いっぱい歌ってくれました!
表情が本当に生き生きしています。
先生方も最後はなっとくして「阿室校のテーマソングにします!」と言ってくれました。

111013amuro.jpg

今回感じたことは、歌っていいな、歌ってすごいなということ。
みんなで作った歌は、想いがそのまま形になり、歌い継がれていく。
その場限りで終わらないというか、ずっと残るというか。
行事があるたびに歌われたりして、続いていく。
それに感動する人がいたり、共感する人がいたり。
「I LOVE 宇検村」もそうですが、その時は、生徒達だけのものだったものが、
いろいろな人たちのものになっていった。
改めて、歌が持っているチカラを知ることができました。

111013keihan.jpg

なんと!給食では鶏飯が出ました!
鶏飯(けいはん)は、奄美大島の郷土料理で親しまれているんですが、
まさか!給食でお会いできるとは!
もちろん、大満足のおいしさでした!

みんなとの歌作りのことを少しでも知って欲しいと思い、出演した、
あまみエフエム「ゆぶぃニング・アワー」夕方フレンド
DJの上野紋さん、実は、以前はFMとやまでDJをされていて、
私も番組でお話したり、ライブを見に来てくれたりしていた仲なんです。
だから奄美の地でお会いできるのは、なんだか不思議だったけど、
やっぱり、一緒にお話してて楽しい!
「いつも、石野田さんのラジオ聞いてますよ~」ってDJさんに言われるこの不思議な感覚。
でも、うれしいね。
初めて会ったときから、初めてな感じがしなかったくらい、
友達みたいに、素直に話せる上野さんが大好き~!

111010fmamami.jpg

今回、奄美で感じたのは、以前よりも増して、
私のことを知ってくれている方が増えたということ。
行く先々で、「なっちゃん~!おかえり~!」とか「ラジオいつも聞いてるよ!」
って、笑顔で手を振ってくれたり、子供達にサイン攻めにあったりすることもあって、
ちょっとびっくり。
こんなに知ってもらえるなんて、初めて来た時は想像もできなかったけど、
初めて来た時から、みんな家族みたいに接してくれた。
エフエムうけんチームも、教育委員会チームも。
いつ宇検村に来ても、「ただいま」って思う。
私の心のふるさとです。

そんな心のふるさとに、また明日から行ってきます!
今度は、「I LOVE 宇検村」を一緒に作った久志小中学校のみんなと歌作り。
初めての歌作りから、2年。成長したみんなから出てくる言葉が楽しみです。


724mailmaga2011.jpg

b_hananari_s.jpg b_sakura_s.jpg request_link.jpg