« 石野田奈津代「学校ライブ2011〜みんなのうた〜」(東京・世田谷)*sold out! | メイン | あたたかい夜を »

MAIN

12月26日
2011年、ラストライブ「学校ライブ2011〜みんなのうた〜」

クリスマスの日は、今年最後のライブ。
「学校ライブ2011〜みんなのうた〜」

111225school1.jpg

文化庁・文科省の事業で、全国各地の小中高生と行っている、
歌作りのワークショップ。
2008年の山口県熊毛南高校上関分校から始まり、
2009年、奄美大島宇検村の久志小中学校、
2010年、東京都八丈島の三原中学校、
今年は5校、徳島県西祖谷中学校、香川県陶小学校、奄美大島名柄小中学校、
奄美大島阿室小中学校、そして2度目の奄美大島久志小中学校と、
2クラスあった学校も含め、振り返ってみると、
全部で9曲のオリジナリティーあふれる歌が生まれました。
それぞれの学校で生徒達に歌われている歌ですが、
みなさんにも生徒たちの想いをぜひ聴いて欲しいと思い、開催しました。

111225school2.jpg

会場は、5年ぶりの世田谷ものづくり学校2年A組の教室。
廃校となった中学校を再生し、元々教室として使われていた場所に、
カフェや、アート関係の会社などが入っていて、来るだけでわくわくする場所。
2年A組の教室は、まさに学校の教室がそのまま残されているので、
生徒達との歌を聞いてもらうのに、一番伝わるかなと思い、この場所を選びました。

111225school3.jpg

教室は、児童席、保護者席とお客さんがいっぱいで、
本当に授業参観みたいな雰囲気。
カーテンから差し込む日差し、使い込まれた黒板。
落書きの机と、教室の窓の外、変わっていく空の色。
お客さんは、久しぶりの教室に、
中学時代に戻ったような気持ちになった方もいたんじゃないかな?
なんだか楽しそうに見えました。
そうそう!
ライブ後に知ったのですが、お客さんの中には、
なんと世田谷ものづくり学校になる前の、
世田谷区立池尻中学校の卒業生の方もいらっしゃいました。
す、すごくないですか!?
これには感動しました。
廃校になっても、違う形で校舎が残り、再生するってなんかうれしいですよね。

歌っている間、生徒達のユニークな歌詞に、
お客さんがほほえんだり、うんうんと頷いたりする反応を見るのが、
すごく楽しかった。
生徒達のかわいらしい表現や、大人には考えつかない独特の視線、
地元や友達、人を想う素直な気持ち。
それぞれの学校でしか出せないよさが、形になったなと、改めて思いました。
生徒達とのことを話したり、歌を伝えることが、
なんだか誇らしかったです。

111225school4.jpg

今年最後のライブは、いつもとちょっと違ったスタイルだったけど、
一年の締めくくり、生徒達の言葉を胸に、お客さんの笑顔に見守られて、
あたたかく気持ちのいい時間になりました。
伝えられることの尊さ、受け取ってもらえることのありがたさ、
これからも大事に、来年も歌を届けていきます。
ありがとう。


724mailmaga2011.jpg

b_hananari_s.jpg b_sakura_s.jpg request_link.jpg