« つながる青森 | メイン | 私のホーム岡山☆ »

MAIN

12月15日
約束の日

「みんなの想いは、みんなの代わりに私が届けてくるからね」

生徒達とかわした約束。
香川県の陶小学校5年松組、竹組の生徒と一緒に被災した人を想い作った歌、
「何度でも 君と一緒に」「本当に大切なもの」と、
松組の生徒が自ら提案して作ってくれたお守りを届けに、
私が災害ボランティアで行っていた、宮城県亘理町へ。

111209fmaozora.jpg

亘理町で災害ラジオとしてはじまった、
FMあおぞらで、みんなの想いが詰まった作った歌を流してもらいました。
生徒達の想いを聴いてくれている亘理町の人たちにちゃんと伝えられるようにと、
いつもよりも、ちょっぴり責任感を増しての出演だったんですが、
インタビューしてくれた苫米地さんも、FMあおぞらスタッフさんたちも、
「聴いてるだけで、涙が出そう」と言って、とても喜んでくれました。

お世話になっている児童センターの先生方にも、
歌詞を読んでもらったり、生徒が作ってくれたお守りを見てもらったりすると、
「すごいね、ちゃんと想ってくれてるっていうのが、うれしいね」
と、言ってくれました。
久しぶりの児童センターだったけど、
子供達も「あーーー!ギターの人だー!弾いて!」とか「なっちゃん!!!」とか、
覚えてくれている子がいて、うれしくって、一緒にギターで遊びました。
いつも元気に迎えてくれる先生達や、
子供達とふれあえるのも、亘理町へ来る楽しみの一つです。

お年寄りの方だったら、喜んでくれそう、大事にしてくれそう、
もし元気をなくしていたら、家の大黒柱みたいに、元気になってくれるかもしれない!
という、生徒達の強い希望で、お守りをお年寄りに届けに。
ボランティアセンターでお世話になっていたセンター長の佐藤さんに相談したところ、
一人暮らしのおじいちゃん、おばあちゃんに、
届けてほしいと言ってくださり、お守りを預かってもらってきました。
中には、震災でひとりになってしまった方もいるそうです。
見つけると幸せになると言われているハートのオリーブの葉が入った、
手縫いのお守りを見て、
「いいね、すごくうれしい!これは喜ぶよ~、喜ぶ顔が目に浮かぶもん」と、
佐藤さんもとても喜んでくれました。

そして、今日、みんなの歌を聴いてもらいながら、
お守りを渡していただきました。
亘理ささえあいセンター「ほっと」のブログに載っています。
おばあちゃんたち、すっごくうれしそう!!!
よかったぁ。

111210vc.jpg

さらに、お守りを持って、
私が、災害ボランティアで活動していたとき、
公園で出会った、91歳のおばあちゃんに届けに行きました。
震災から2ヶ月当初、「だんだん、傷が深くなっている」と言って、
涙を流しながら私の歌を聴いてくれたおばあちゃんは、
今、娘さんのお家で暮らしていました。
「他の人は、いろいろ大変だけど、
 私は娘にここにいていいよって言われて幸せなんです」
と、話してくれました。
おばあちゃんの口から、「幸せ」という言葉を聞いて、とってもうれしかった。
そんなおばあちゃんに、お守りを手渡すと、
「やさしいねぇ、やさしいねぇ、こんなことしてくれるなんてねぇ」と、
お守りをさすりながら、そばにいた小学校3年生のお孫さんに、
「一緒によく聞いて、やさしいねぇ、このことを学校でみんなにも話して聞かせてね」
と、何度も話していました。
よかったね、みんな。生徒達の一生懸命な顔を思い出しました。

この秋、亘理町名物のはらこめしをごちそうしてくれた、
馬場さん夫妻にも、お守りを届けに。
馬場さんは、津波でお家を流されてしまい、今はアパートで暮らしています。
自身が被災しているにも関わらず、私が災害ボランティア活動をしていた時も、
資材のお手入れや後片付けなど、ボランティアとして活動されていて、
仲良くなった、尊敬できる方です。
馬場さんに、生徒達との歌作りのいきさつを話し、お守りを渡すと、
馬場さんの奥さんは、フェルトで出来たお守りを、
にぎりしめて、愛おしそうにみつめながら、ほほえんできました。
そのほほえみは、思わずほっとしてしまうくらい、
やさしくて、素敵な笑顔でした。
生徒達の写真と、歌の歌詞カードを手渡すと、
すぐに、学校の住所を教えて!と言われました。
その3日後には、陶小学校の先生からメールが届き、
「お守りを受け取ったという、馬場さんという方からお礼のお手紙をいただき、
 生徒も先生方もみんなで喜んだ」とい書かれていました。
人を想う気持ちが形になって、人に届き、それが返ってくるなんて。
私は、馬場さんや亘理のおばあちゃんたちと生徒達を結ぶ糸になれて、
すごく幸せだなって思った。

111210babasan.jpg

青森のチャリティーコンサートでも、子供達との歌を届けてきたことを報告して、
生徒達にも、そのことを手紙にしました。
きっとみんな、喜ぶだろうな。
みんなの想いと行動力は、ちゃんと届いてるよ!!!

翌日、青森から電車に乗って、函館へ!
スタンプ好きの私、各駅にある記念スタンプも、押しまくって、たくさんたまった!
そう、函館に来たのは、
函館にある「五稜郭タワー」の記念スタンプを押すため!
全国で登録されているタワー20カ所の、記念スタンプを集めると、
認定書がもらえる!というこのシステム。
今年、7月のツアーで行った京都。
京都タワーにのぼったときに、出会ってしまったこのスタンプラリー手帳。
あの時、出会っていなかったら、函館までは行かなかったでしょう。
ここ半年間で押せたスタンプは、7カ所。
うおーーー!まだまだ、これじゃ全然制覇できなそう!
期限は1年間。
だ、大丈夫か?
でも、雪の五稜郭、真っ白な星型、かっこよかった!
春には桜のピンク色に囲まれた五稜郭に!春も見てみたい!

111212hakodate.jpg


724mailmaga2011.jpg

b_hananari_s.jpg b_sakura_s.jpg request_link.jpg