« エフエムうけん「I LOVE 宇検村」*レギュラー番組 | メイン | 奄美新聞(奄美大島の新聞) »

MAIN

02月27日
被災地応援募金の使い道報告

2月27日と言えば、私がデビューした日。
デビューしてまる13年。
熱しやすく冷めやすい、
なんでもすぐ飽きちゃう私にとって、唯一続いていること。
デビュー10周年の時は、
よしよし、よくがんばってきたぞ!と、ちょびっとだけ自分を褒めましたが、
13周年を迎えて、よく考えてみると、
13年なんて、まだまだ全然だよな〜とか、
まだまだこれからだな〜、むしろこれからが勝負だよな、と思ったりしながら、
今の自分の実力を見つめ、今日もお家で一人、曲作りに励んでいます。
なにはともあれ、ここまで歌を続けてこれたのは、
やっぱり私の歌を好きだと言ってくれる人がいるということが、一番大きいです。
ありがとう。
まだまだ、精進します!!!


話しは変わりますが、もうすぐ震災から1年が経ちます。
今、何が求められているのかを考え、皆さんからお預かりしている、
被災地復興応援募金を使わせていただきましたのでご報告させていただきます。

まず、一つは、
宮城県亘理町災害対策本部に、加湿空気清浄機を7台寄付させていただきました。
亘理町では、現在インフルエンザが流行っているということで、
それは大変だと思い、人が多く集まる場所で役立ててほしいと思い、
役場の方を通じて、確認し了解をもらい、
亘理町の仮設住宅の集会所、全7カ所に設置していただきました。
風邪を引きやすかった私も、空気清浄機を使い始めてから、
ほとんど風邪を引くことがなくなりました。
風邪を引くと、何もできなくなってしまうし、病院に行けば医療代もかかります。
感染を心配して、人とふれあえる大切な場所へ行けなくなってしまうのも、寂しいですよね。
インフルエンザや風邪の予防はもちろん、花粉症対策にも、
みなさんが笑顔で集まれる場所であってほしいと思っています。

120227kifu1.jpg

120227kifu2.jpg

もう一つは、亘理ささえあいセンター『ほっと』の方から、
支援活動の記録用のデジカメが壊れてしまい、困っていると要望があり、デジカメを。
また、仮設住宅で暮らす方々の交流の場で、もっとみなさんに楽しんでほしいとのことで、
テレビに繋ぐだけで、カラオケができるカラオケセットを送りました。
仮設住宅では、お隣に配慮して、なかなか大きな声を出したりもできないと思います。
みんなで声を出したり、好きな歌を歌ったりすると、元気が出たり、
ストレス発散になったり、笑顔もこぼれると思います。
なければ困る物ではないと思いますが、毎日の生活で、
そういった楽しみは、必要なものだと私は思います。

2月21日の亘理ささえあいセンター『ほっと』のブログの中の、
〜今日のありがとう〜の欄に、
石野田奈津代とあたたかい仲間達という名前で、掲載されています。

今回購入した支援物資
カラオケセット、デジカメ 54989円
加湿空気清浄機7台 194593円

皆さんから、お預かりしている募金は、
残りわずかですが、また、何か必要だと思うことに使わせていただきます。


724mailma.jpg