« なんぶサマーフェスティバル♪ | メイン | 青森八戸・亘理町・お家で回転寿司編☆ »

MAIN

08月22日
寄り道、青森、亘理町♪

130816apple.jpg

さかもっちゃんこと、坂本サトル氏の実家は、代々続くりんご農家さん。
まだ色づいていない、青いりんごたちが、たくさん実を付けていました。
りんごの木の寿命は長くて100年くらいだそう。
写真のりんごは、大体30年くらいっていうから、私と同い年くらいだ。
人間と同じくらいの寿命なんだね。
収穫するまでには、枝を上手に剪定したり、おいしくなりそうな実を間引いたり、
密が入るタイミングを選んで収穫したりと、いくつもの行程を経て、
気が遠くなる程たくさんの手間をかけて、育てるそう。
ほっとけば勝手においしくなってくれるってわけじゃなく、
ちゃんと手間も愛情もかけられて、熟していくんだね、すごい!

ライブの翌日、さかもっちゃんが青森を案内してくれて、
有名だという、奥入瀬渓谷に連れて行ってもらいました。

130818kobito.jpg

130818oirasekeikoku_kawa.jpg

なぜかもう紅葉している葉っぱも!

130818kouyou.jpg

130818choushiootaki_mae.jpg

青森というだけあって、本当に青い森がずっと続いていて、
清らかな川が流れている。
ゆっくりやさしい流れの場所もあれば、岩をも砕く勢いの激流ポイントもあり、
よそ見してたら見落としてしまいそうなくらい、いくつもの滝を発見!
銚子大滝のマイナスイオン、すごい感じた〜!

その上流にある、
噴火してできた十和田湖にも行ってみたけど、
なぜか荒れ狂うお天気で、飛ばされそうな強風。
湖とはとうてい思えない程、波が打ち寄せててびっくり!
有名だという乙女の像の前で記念撮影して、
そそくさと帰ってきました。
今度は、穏やかな十和田湖に会いたいな♪

130818towadakokinen.jpg

帰り道、七戸十和田駅周辺で食べた、バラ焼き♪
B-1グランプリを目指す、ご当地グルメ♪
牛肉と玉葱がたっぷり!甘辛いタレがからまって、うまい!

130818barayaki.jpg

青森を満喫!!!

青森の帰り道、みんなは元気かな?って立ち寄った、宮城県亘理町。
東日本大震災で大きな被害を受けた町のひとつで、
私が災害ボランティアとして活動していた場所。
私は、観光親善大使にも任命していただいています。

誰にも何も言わずに突然会いに行くと、みんな驚いてました。
亘理町の社会福祉協議会で働く皆さん。
相変わらず、仮設住宅での生活は暑さとの戦いだったり、
先が見えない毎日をどう支えていけばいいのか、
一生懸命手を尽くしているんだなって、感じました。
当たり前のことが、まだ当たり前じゃない。
当たり前だったことが、また当たり前になるように、
早くしてあげたい。そうお話していました。
目に見えない心のケアをしていくのは、とても大変だと思うけど、
すごく大切なことだし、それを毎日、目の当たりにして、
支え続けるお仕事、本当に頭が下がります。

130819watari.jpg

災害FMとして立ち上がり、私もこの春まで約1年間番組を持っていた、
FMあおぞらにも、飛び入り参加!
「おかえりなさい!」と言ってもらえることがすっごくうれしかった!

お世話になった児童センターや保育所の先生方にもお会いして、
わいわい話したり、
亘理のお父さん、お母さん的存在の馬場さんのお宅にも顔だして、
短い時間だったけど、夜ご飯をごちそうしてもらったり。
「突然でもいいの、会えてよかったっちゃ」
そう言って、おもてなししてくれたお母さんの笑顔は太陽みたいだった。
会いたい人に会いに行ける喜び、いっぱいかみしめました。

津波の被害によって、亘理駅までしか運行できなくなっていた常磐線も、
この春、一駅先の「浜吉田駅」まで進むことができて、現在運行しています。
帰りは、浜吉田駅から、仙台へ。
明かりがともった駅の看板は、とても誇らしげで、
私の心にも明るい光りがともったみたいだった。
新しく敷かれた線路の上を私を乗せ、するすると走る電車は、
とっても感動的でした。
災害ボランティアで活動していた2011年5月。
海のそばから流れ着いた松の大木や、
生活のいろいろなものが線路をふさぎ、
無残な姿になっていたのを、見てきたから。
たった一駅でも、すごく助かると、住民の方が言っていました。
一駅前進。新しい一歩。
少しずつ、少しずつだけど、亘理町は前進しています。
今は見届けることしかできてないけど、
亘理町をずっと応援し続けたい。

130819hamayoshida.jpg


724mailma.jpg