« TBS「『マツコの知らない世界』 新春2時間SP」 | メイン | 「唄う島」~奄美大島~自然と人が奏でるライブイベント「あまみっけ。の日」*東京・恵比寿 »

MAIN

01月11日
『マツコの知らない世界〜本当に美味しい回転寿司の世界〜』

「マツコの知らない世界〜本当に美味しい回転寿司の世界〜」

私が回転寿司を好きになってから、まだそんなに歴史は長くないですが、
マツコさんに回転寿司をご紹介できる機会が来るなんて、本当にびっくり!

日本全国、世界各地で回転寿司を食べてきてよかった〜っ!

本番中のマツコさんは、わざわざスタジオへお寿司を握りに来て下さった
各回転寿司店の職人さんたちへの心配りをずっとされていて、
あぁ、やっぱりすごいなぁ、私にはそんな余裕がなかった・・・。

ずっとやってみたかった出張回転寿司をマツコさんと一緒に堪能できるなんて、
まさに、夢のようでした。
マツコさんが「おいしい!」と言って食べてくれるのがうれしかったよ♪

170110matsukosantoishinoda.jpg


ここからは裏話・・・

収録当日のスタジオは超バタバタ!
たくさんの回転寿司店の方々が自慢のネタを持って大集合!
さらに、その場でお寿司を握ってくれる!
ということで、いつもの収録より圧倒的に人が多く、
たくさんの確認事項や段取りがあり、収録はなんと夜中まで。

私は知りませんでしたが、
TBSスタジオは、24時ぴったりに強制的にスタジオの照明が消えちゃうんです。

24時というタイムリミットが迫っている中、
私は握りたてのお寿司を味わいながら、
回転寿司小ネタを挟む隙間を探っていたのですが、
聞いてないよ〜!!の
突然私のマネージャー(旦那)が飛び入り参加!
(あれ台本にはなくプロデューサーさんに寿司バクバク食べてと送り込まれたらしいです)
という予想外の展開もあり・・・
8店舗紹介しなければならなという状況もあり・・・
ドキドキの連続でした。
とにかくギリギリのせめぎ合いで、なんと23:59に収録が完了。ミラクル!

なので、マツコさんとの記念写真も薄暗い機材倉庫のような場所で・・・
マツコさん「え〜!ちょっとこんなところでいいの?」と言っていました。
いいんです。マツコさん、あったかかった♪

音楽以外で出演するテレビ番組は、コンサートするよりもずっとずっと緊張します。
さらに、お相手が大好きなマツコさんとなったら、さらに緊張しました。
本業のシンガーソングライター以外にも、世界中で宝石採掘をしているので、
チャンスがあれば今度はぜひ「マツコの知らない宝石採掘の世界」で呼んでほしいです。
(ちなみに、世界中で宝石採掘した話は、コチラ

あと、生で見るスタジオのセットは、かわいかった♪
照明が消えた、収録後の薄明かりのスタジオです〜。

170110studio.jpg


番組では、回転寿司が好きすぎて、数年前、
回転寿司店で使われているお皿を作っている会社にお願いし作ってもらった
マイ回転寿司皿もご紹介。

回転寿司店ではちょっとお高めのお皿だけど、どんなネタも引き立てる銀のお皿をチョイスし、
私がデザインしたロゴがあしらわれています♪

普段は、回転寿司店でお持ち帰りしたお寿司をこれに盛りつけて、
お家で回転寿司気分を味わっています。

今回、番組では紹介されませんでしたが、マツコさん用に金のお皿も作ってたんです。
マツコさんは華やかな金が似合う。デラックス仕様です。

170110yunomisara.jpg


こちらは、マイ回転寿司ネタ帳。
回転寿司ネタ専用のノートなので、ノートには初めから回転寿司皿か描かれていて、
そのままネタを描けばいい感じ♪もちろん自分でデザイン♪
変わったネタや、インパクトがあった思い出のお寿司を描いてます。
マツコさんが「絵が上手ね」と言ってくれて、うれしかった♪

170110netacho.jpg



さて、今回番組で私がマツコさんにご紹介した回転寿司。
改めて、ご紹介します〜♪



【天下寿司】
『人肌のシャリがいいなあ。』でお馴染み、
125円均一でネタが豊富。お金を気にせず思う存分楽しめるお店!
渋谷・池袋・吉祥寺などにあるチェーン店です。

「サービス大トロ」
タイムサービスでなんと1皿125円(1人1皿限定)で食べられる。
マツコさんもビックリ!これは、絶対頼んじゃう!

170110tenka3.jpg


汁物はすぐにお腹いっぱいになって、
目的のお寿司をあまり食べられなくなるので、
普段は飲まないのですが・・・
天下寿司のかに汁は身がおいしすぎてつい頼んでしまう!
ある寒い日の夜、お店に入ったら、
「はい、今日は寒いからね〜!「味噌汁」半額だよ〜!」
えっ!?半額って65円!?いいんですか〜!?
寒い日サービスもやってる天下寿司は、体もふところもあったまる〜♪

170110tenka1.jpg


タイムサービスで「グンカン3貫」が125円!
サーモン親子と、とろ納豆。
普段は納豆食べないけど、回転寿司では食べちゃう。小粒でおいしい〜。

170110tenka4.jpg



【回転寿司 たいせい】
立川・調布・八王子などで展開する均一料金のチェーン店。
私が好きなお店は立川北口店♪活気があって楽しい♪
130円均一で、安心してどんなお皿にも手をだせます。

注文するとすぐに焼いてくれる「厚焼き玉子」
熱々っていいな〜♪ほんのり甘くてジューシー。
お寿司じゃないけど、絶対頼んでしまう。
マツコさんも絶賛してくれた♪

170110taiseitamago.jpg


まぐろとイカの「紅白」
一皿で2ネタ楽しめて、お正月にもぴったりなめでたい感じ♪
(お正月以外でも楽しめるレギュラーメニューですよ)

170110taiseikouhaku.jpg


週替わりで職人さんが作っている創作寿司。
もう一度食べたいのは、すずきさん考案の「天然ぶりゆずしょうゆ〆」
ゆずの香りと醤油がマッチ!職人さんの名前が出てるのもなんかほのぼの。

170110taisei3.jpg



【すし丸】
東京・中野新橋にあるお店。
変わったネタに出会いたいならここ。
お店のボードを見たら、見たことも聞いたこともないようなお魚の名前が。
あの世界遺産の小笠原からやってきたお魚も!
どんなのだろ〜ワクワク感がたまらない♪毎回、一期一会のネタが楽しめるお店。

170110sushimaru1.jpg


初めての「ウメイロ」。
キレイな梅色だった〜♪

170110sushimaru2.jpg


スタジオでもいただいた「ツムブリ」
見た目がお肉みたい!今まで食べたことない味と食感!

170110sushimarutsumuburi.jpg


マツコさん、「オジサン」食べるときなんだかうれしそうでしたね♪
「オジサン」は本番で初めて食べたので写真はありません〜!
そのかわり、回転寿司ネタ帳(上の画像)で〜♪



【三浦三崎港 上野店】
まぐろ問屋が経営しているので、とにかくまぐろが絶品!
1皿で大満足な山盛り軍艦が楽しめるのが上野店。
上野は回転寿司激戦区ということで、山盛り軍艦がいっぱいあるそうです。
さらに、上野だけにパンダ海苔もあったりします
(これはお店で見てくださいね〜)。

「マグロ中落ち軍艦」
マツコさんもびっくり!これが100円だなんて、信じられない!

170110miuramisakikou1.jpg


これは以前出会った「謎の山盛り軍艦」
メニューにはない、その日の気まぐれ的な感じでまわっていたのかな?

170110miuramisakikou2.jpg


「海鮮山盛り軍艦」こぼれる幸せ、はじけるぷちぷち♪

170110miuramisakikou3.jpg



【金沢まいもん寿司】
石川を中心に、大阪・愛知・千葉・神奈川にもお店を展開。
記念日や自分へのご褒美に豪華絢爛なお寿司が食べたいなら、ここ!
私もレコーディング終わりとか、思い切って奮発して行きます。

「寒ブリ」〜♪
能登娘という紫大根に、レモンをかけるとあら不思議。
キレイなピンク色に染まっちゃう♪ロマンティック〜♪

170110maimon1.jpg


北陸ネタと言えば、やっぱり「のどぐろ」
脂ののりと旨みがハンパナイ!

170110maimon3.jpg


「香箱かに」
期間限定冬のごちそう♪
殻付き!外子内子付き!これ一皿で香箱かにの全てがあじわえる贅沢な一品!

170110maimonkoubako.jpg



【あじわい回転寿司 禅】
回転寿司なのにフレンチ!?もいただけちゃう。
小田原にあるちょっと変わったお店。

ここは店内写真撮影禁止のお店ですが、
今回、番組スタッフさんと一緒に食べに行った時に許可をいただきました。
「オマール海老」のお寿司があるなんて、フレンチを出してるお店だからこそ!
ブリっブリっの歯ごたえと旨みがすごい!

170110zen1.jpg


「マグロのテールステーキ」は、ボリューム満点!
みんなでシェアしたくなる。
回転寿司と一緒に本格フレンチも楽しめちゃう!

170110zen2.jpg


「メタボ巻き SPⅡ」
フォアグラ・キャビア・トリュフ!世界三大珍味がのった豪華な巻物。
なんと3800円!!!くぅ〜〜〜!!私史上最高値の一皿です。

170110zen3.jpg



【回し寿司 活美登利】
渋谷・池袋など関東に8店舗展開。
とにかくネタの種類が豊富!
さらに期間限定の創作寿司もいろいろあるので、何度行っても飽きない!
出張回転寿司もやっていて、
今回番組で使用しているレーンも持って来て下さいました。

初めて活に行った時に、流れて来たりんご。
ま、まるごとっ!?
フルーツを丸ごと流すという発想を初めて知って、これ、いいわ〜!と思った思い出が。

170110katsu1.jpg


以前出会った創作寿司。
見た目もお上品。かわいらしい「スープ寿司」。

170110katsu2.jpg


土用の丑の日は、回転寿司で一皿!
130円でいただける、リーズナブルなしあわせ。

170110katsuunagi.jpg



【CHOJIRO】
京都・大阪・二子玉に展開。
落ち着いた上品な雰囲気で、
京都らしいネタに出会えるお店。

以前、京都のお店でいただいた、
「万願寺とうがらし」を使った京野菜のお寿司。
京野菜をお寿司でいただけるなんて、なんてお上品。

170110chojiro1.jpg


「千枚漬け握り」はさっぱりとしてて、ヘルシー。
いくらでも食べられる!

170110chojiro2.jpg


「炙りたらば」
2013年当時私が食べた回転寿司の中で1番お高いお皿。
これはその日のおすすめ1貫で850円なり〜!

170110chojirotaraba.jpg



【番外編】

時間の関係でマツコさんにご紹介できませんでしたが、
実はスタッフさんがこんなパネルも作ってくれたんです!
私が行った日本全国のご当地ネタ、変わり種のお寿司マップ。
(元々はこれをマネージャー(旦那)が紹介する予定でした)

170110map.jpg


これまで全国47都道府県全てには行ったことがある私。
その中で、回転寿司が好きになってから撮っている写真が残っているのは全国30都道府県。
せっかくなので、ここで少しだけご紹介しちゃいます♪


【北海道・宗谷岬(日本最北端の回転寿司)】
花いちもんめ「浜ゆでたこ」
日本最北端のたこは、柔らかくていいお味。外は吹雪だった〜。

170110saihoku.jpg


【北海道・札幌】
活一鮮「生ししゃも握り」
ししゃものお寿司があるなんて!びっくり!超期間限定の旬なネタ。

170110hokkaido.jpg


【青森・八戸】
八食市場寿司「大間産天然本鮪」
あの、大間のまぐろを回転寿司でいただけるとはっ!!

170110aomori.jpg


【静岡・伊豆】
魚磯「生本わさび」
伊豆の回転寿司店はだいたいサビ抜きで、本わさびが回っていたりする。
さすが、ご当地!自分ですって楽しい!残ったらお持ち帰りも♪

170110shizuoka.jpg


【石川・金沢】
海天「生鮎」
鮎がお寿司に!?初めての川魚寿司。意外と脂がのってていける!

170110ishikawaayu.jpg


【高知】
一心太助「鰹のたたき」今はなき思い出のお店。
高知と言えば、鰹のたたき!
おいしかったし、醤油皿がとてもかわいかった。

170110kouchi.jpg


【岡山】
いわ栄「黄にら」
岡山と言えば、ままかりか黄にらです。
ご当地ネタはやっぱりおいしい♪黄にら大好き♪

170110okayama.jpg


【山口・下関】
すし遊館「とらふく」
市場に隣接する回転寿司店で、取れたてのご当地ふぐがリーズナブルに♪

170110yamaguchi.jpg


【沖縄・石垣島(日本最南端の回転寿司)】
鮨人(すしんちゅ)「島野菜三種盛り」
左から:ゴーヤ・オクラ・ナーベラー(へちま)
沖縄に来たぞー!って実感がわくメニューに心躍る♪

170110ishigaki.jpg


ちなみに全国各地で出会ったお寿司の中で、
一番思い出にのこっているのはこれ。

【鹿児島・奄美大島】
まんてん「ミニ寿司」
170110manten1.jpg


普通のお寿司セットかとおもいきや
普通のお寿司と比べてみると・・・

170110manten2.jpg


超小っちゃい♪♪超かわいい〜〜〜〜!!
2012年当時115円で突然流れて来た「ミニ寿司」。
今は流れているかわからないけど、本当にかわいくてビックリした。


番組内ではご紹介できませんでしたが、
マツコさんと一緒に飲んだのは、
私が大好きな宮城県亘理町の廻鮮寿司「一○(いちまる)」さんのお茶♪
回転寿司と言えば、お茶がタダ!好きなだけおかわりできる♪
私にとってお茶を飲むことも回転寿司の醍醐味なのですが、
一○さんのお茶は店頭で販売されているので、私も自宅で楽しんでます♪
玄米入りで香りも良い〜♪

170110ichimarucha.jpg


【宮城・亘理町】
一○「炙りかんぱち」
亘理町は東日本大震災で大きな津波の被害を受けた町のひとつ。
震災当時、テントと寝袋を持参して2週間の災害ボランティア活動をしていた時、
偶然見つけた回転寿司。復興の応援の意味も込めて通いはじめたら、
おいしすぎてすっかりファンに。とくに炙りかんぱち好きすぎ〜。
いつもはシェアしていただくお寿司も、こればっかりは一人で何度もいただきます♪

170110ichimaru.jpg


今回、改めて自分が食べ歩いた日本全国・世界各地の回転寿司を振り返ってみましたが、
本当にいろんなお寿司、いろんなお店、いろんな人と出会ってきました。

私は直接職人さんとやりとりする、昔ながらの回転寿司が好き。
一生懸命、楽しそうに仕事をする職人さんを見るのが好き。
回転寿司にやってくるお客さんと職人さんの楽しそうなやりとりを見るのが好き。

職人さんとやりとりしながら自分好みのお寿司を作ってもらったり、
流れるお寿司の中から、自分好みの個性あふれる一皿を選び抜いたり、
〆サバばっかり注文してる渋い小学生の女の子にびっくりしたり、
戸惑う外人さんにお茶の入れ方を教えて仲良くなったり、
楽しい思い出がいっぱい。

ちょっと入りにくい渋い外観のお店でも中に入ればあったかい世界がありました。
正直、中にはハズレもあって、2皿、3皿で出たお店もありました。
誰にだって好みというものがあるので、全部がおいしいお店はありません。
自分の好きなネタ、大好きな一皿を見つけて、
その時、自分が食べたいものを楽しみに行っています。

回転寿司店は、そのお店独特のネタやご当地ネタなど意外なネタと出会える場所。
これからも、見たことないお寿司、初めてのネタ、私の好きなネタを探して行きたい!