« テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」*依頼人 | メイン | 石野田奈津代リサイタル「わたしのたからもの」 »

MAIN

03月24日
「開運!なんでも鑑定団」と世界一周、宝石採掘旅のこと

み、みなさん!!見てくれましたか!?
「開運!なんでも鑑定団」。

私、久しぶりにTVにかぶりついて見ちゃいました。
もう、結果を知っているのに!

150324kanteidan.jpg


当日は、リハーサルの時だけ、写真撮ってOKだったので、
知られざるリハシーンをパシャリ。


150324studio.jpg


まだ放送していない地域の方には、
ネタバレになってしまうので、
ドキドキしながら放送を見たい!という方は、
ここから先は、放送後に読んでください。


結果が知りたいという方は、番組HPを見てみてくださいね。


小さい頃からよく見ている鑑定団のスタジオ収録、
リサイタルとか歌番組とかよりも、ドキドキ緊張しましたー!
お宝を鑑定してもらう人はこんな気持ちなのか!って
リアルに体験できて、おもしろかった。


ちなみに、今田耕司さんとお会いするのは約15年ぶり。
私がまだ10代だった頃、
今田さんと東野幸治さんのラジオ番組
「Come on FUNKY Lips! 」にゲスト出演したのですが、
またご一緒できて、うれしかったです。


鑑定してもらったのは、
世界一周しながら私が現地で採掘&採取した、
12ヶ月分の誕生石の原石の一部でした。


入場料が必要だった場所もいくつかありましたが、
基本、タダで拾えたものだし、
とにかく現地での石採取が楽しくてしかたなかったので、
鑑定金額は、なるほど、そうか、まぁ、そんなところかという感じです。


今回、鑑定団を見て、このサイトに来て下さった方もいると思うので、
特に鉱物好き、宝石好きの方がいたらと思い、
驚きの真実&裏話を書いておきます。


まず、私の旅の目的に関しては、コチラをご覧下さい。


最初に、私の宝石採掘の旅に関して、
「空想の宝石・結晶博物館」というサイトを、海外にいるときに見つけて、
行き先を決める際の参考にさせていただきました。
というのも、このサイトは、個人の宝石収集家の方が作られていて、
私が見る限り、日本にあるどこのサイトよりも詳しく分かりやすかったから。
他にも宝石屋さんのサイトとかもあるのですが、
どこも自分の宝石を売るために盛ってる感じも多く、
このサイトが一番真実を盛ることなく書いている感じがしたからです。


それはさておき、
私が鑑定団に応募した最大理由は、
ノルウェーで採ったエメラルドとペリドットが、
いくらぐらいするものなのか?知りたかったから。


なぜかというと、
ノルウェーのエメラルドとペリドットは、
ネットで見る限り、
どこの鉱物屋さんも、宝石屋さんでも見かけることはなかったから。
だから、値段がどれほどのものかわかりませんでした。


特に、ノルウェーにエメラルドがあるという情報は、
「空想の宝石・結晶博物館」のみに書かれており、
今思うとその情報だけを頼りに、よくノルウェーに行ったなと思うほど。

ノルウェーのエメラルドに関しては、
鉱山オーナーに商売っ気がないので、
自分で採る以外はほとんど出回ることがないものです。
だから、そもそも鑑定士の方も、
ノルウェーのエメラルドとか知らないんじゃないかな!?
知ってたとしても、見たことがないと思うので鑑定大丈夫かな?と思っていました。

実は、旅の終わりに、「空想の宝石・結晶博物館」サイトの
制作者様にお礼のメールをしたところ、
お返事をいただき、今も交流があるのですが、
このかなりの宝石収集家の方から見ても、
「ノルウェーのエメラルドとペリドット産地、
 インドネシアのオパール産地(まだブログに書いてませんが)等々は、
 日本人が訪れたのは初めてではないかと思います。」
と言っていただいたほどでした。


放送には出てきませんでしたが・・・

「宝石は日本で買うのが一番安いですよ」と
鑑定士さんはおっしゃっていましたが、
世界のジェムマーケット&宝石産地に通っていた私からすると、
それは違うんじゃないかなと思っています。

実は、一年間、世界一周をする間に、
世界各国いろいろな採掘現場・鉱山はもちろん、
まだブログでは書いてませんが、
世界中の宝石商や宝石バイヤーが訪れる
タイ・チャンタブリのジェムマーケットに行ったり、
ベトナム・ルックイェンのジェムマーケットに行ったり、
かなり宝石には詳しくなりました。

そこでは、驚くほど安い値段で宝石が取引されていました。(日本に比べるとね)
正直、このくらいの値段で買い付けた石をあんな値段で売られたら、
そりゃあ、儲かりますよね・・・という感じです。
ちなみに、これはミネラルショーとかに出ているようなお店のことで、
超一流店は仕入れルート・取り扱う質も全然違うと思うのでよくわかりません。
日本に帰ってきて、ベトナムで売ってたルース&原石がどのぐらいの値段なのか、
ミネラルショーに行って確かめてきたので間違いナシです。
それこそ驚きの結果が!!な価格でした。

そんなこと書くと、
「あなたはプロの宝石商じゃないから、あなたが買ったものと
 日本のお店で売っているものとは質が別物よ。」
とお思いの方もいるかもですが、
分かりやすく同じ場所で同じ原石を買ってきて、そうなのです。
あんまり詳しく書くと、お店の営業妨害になるので、控えますが、
個展の時にでも話そうかなと思います。


ちなみに、鉱物好き・宝石好きの方だけに分かることを書くと・・・

フローライトでお馴染みの
ロジャリー鉱山に行って、オーナーのカールと話したときに、
知っている日本人は、ジローさんという方ぐらいで、
あんまり日本人と取引してないようなことを言っていました。
だから、日本のお店の人も、どこかを仲介しているだけで、
現地のこととかオーナーとか知らないんだなと感じました。

そして、アメトリンが産出するボリビア・アナイ鉱山を
独占的に取り仕切っているボリビアの会社アナイに行って、
経営者のラミーロから、アメトリンを売ってもらった時は、
私たちが初めて取引した日本人で、初めて日本に送るんだ。
と言ってました。

どちらも超お安いお値段で譲っていただきました!!!

とにかく、自分の目に自信がある鉱物好き・宝石好きの方であれば、
現地に行って買うのがオススメです。
うまくいけば、鉱山主から買ったりすることもできちゃいます。
ちなみに、宝石産地であっても観光地的な場所はオススメできません。
私の知り合いの方もスリランカのコロンボ&ラトナプラで騙されてました。
観光客も宝石商ですら、あんまりこない場所がオススメです。
・・・信じるも信じないもあなた次第です。


ジェムマーケットといえば、
私が、ベトナムのルックイェンで買ったお気に入りがこれです。

20150324Ruby1.jpg

ルビーのクリスタル原石なのですが、質が悪い・・・
でも、光を当てると・・・

20150324Ruby2.jpg

なんとブルーサファイアとルビーが共存するクリスタル〜☆
これで、なんと200円ぐらい〜☆
(2000円で買ったクリスタルいっぱいの中のひとつ)


<ダイヤモンドの評価額に関して・・・>

ダイヤモンドに関しては、
前にブログにも書きましたが、現地で買ったりもしてるので、
現地での価格を知っているため、
自分の採ったダイヤモンドの値段はわかっているのですが、
今回の鑑定金額は、それよりも下で???という感じです。
なんか普通のダイヤモンドの価格で評価されて残念でした。

Diamonds State Parkのダイヤモンドは、
ネットで見る限り、日本で売っているのを見たことがないので、
Diamonds State Parkのダイヤモンドの相場が分からなかったのかな!?
ということにしておこう。

アメリカの鉱物商・宝石商の方ならみんな知ってるのにな。
ロジャリー鉱山のアメリカ人オーナーのカールには、
Diamonds State Parkでダイヤを採った話をしたら、
「すごいね」ってトークが盛り上がったから、いいんだ!

ちなみに鑑定団の鑑定結果は、
買い取り価格ではなく、一般小売価格だそうです。


<私の旅を支えてくれたサイト・・・>

世界一周、宝石・鉱物探しをしていく中で、
下記のサイトを中心に、多くの宝石・鉱物系サイトを参考にし、
産地を探しました。

「空想の宝石・結晶博物館」
「鉱物たちの庭」

上記の2サイトは、大変充実した内容となっています。
また、その他は、海外のサイトを参考にしていました。
上記2サイトの制作者様に個別に直接ご連絡し、
感謝の気持ちをお伝えしました。
ぜひお二人にも私の採った石について、お話しをお伺いしたいです〜。


<まとめ>

リサイタルに来てくれた方や、
採掘ブログを見てくれていた方は、
鑑定結果を見てがっかりしちゃったかもしれませんが、
私的には、
あのご長寿番組「開運!なんでも鑑定団」に出演し、
生で楽しめたことが、とてもいい思い出です♪

ちなみに、
宝石採掘の全貌を見ることが出来る
ホームページを只今制作中です。
4月後半の公開を目指してますので、
ぜひまた見に来て下さい。
完成したら、お知らせしますね。

個展も4月28日から開催します。詳しくはコチラから。

そして、誰にどんな風に言われても、
価値があってもなくても、
世界中でのほんの少しの手がかりだけで、
採掘現場へたどり着き、採掘&採取した日々と、
偉い人から子供まで、いろんな石仲間との出会いは、
本当の“たからもの”そのもので、
めちゃくちゃ楽しかった。
必ず、また行きたい!!
そして、もちろん、
一つ一つ夢中で楽しんで採って来た石を、
愛おしく思う気持ちも変わりません♪

そして、また私はきっと旅に出ることでしょう。
行きたい場所があるのです。むふふふふ♪